FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイッターをめぐる冒険

 iPS細胞でおなじみの山中伸弥さんが有力な受賞候補者(医学・生理学賞)とされていた今年のノーベル賞。結局、山中さんは来年以降に期待をつなぐということになりました。仕事の関係で、今年は例年以上に関心を持っていたので、この結果はちょっと残念
 ただ、思わぬ発見も二つありました
 その一つはノーベル財団のHP(http://nobelprize.org/)について。「ノーベル財団のHPはどうなってるのかな」とアクセスしてみたのです。すると、そのトップページでは発表時刻のカウントダウンの真っ最中(現在はカウントダウンの時計はありません)。これには「お祭りだなぁ」と思わされました。
 しかも、時計の数字が00:00:00になったら、ライブカメラによって授賞者の発表が始まりました。イマドキそれくらいやるのは当然かもしれませんが、すごいな、と。
 もう一つはツイッターの速報性について。今度は化学賞の発表当日の6日のことです。化学賞にも日本人に有力候補がいたため、その日も会社で仕事をしつつノーベル財団のHPを見ていました
 発表時刻の19時45分から間もなく、ライブカメラの映像からスズキとかネギシという音声が聞こえてきました。それからすぐ、今度はパワポのスライドが映し出され、suzukinegishiという文字が見えました。
 「あらま、日本人が受賞した」と思い、新聞社のサイトをあちこち見たのですが、3分たっても5分たっても、何もアップされない。
 そこで、「ノーベル賞 鈴木 根岸」でググってみたら、検索結果の画面にツイッターの小窓があり、「おお鈴木先生が受賞した」とか「根岸先生おめでとうございます」などという「つぶやき」が見てるそばからどんどん書き込まれていたのです。
 この速さには正直たまげました。結局、新聞サイトで最も速く情報をアップしたのは日経で(確か)、それも発表から10分後くらいのこと。
 ツイッターの威力をまざまざと知らされたAOでした。
スポンサーサイト

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

やっぱ「後ろ」より「前」がいい

買ってきたレコードに初めて針を落として、聞こえてきた最初の数小節に衝撃を受け、そのまま宝物になったアルバムが2枚あります。

1枚がキング・クリムゾンの「クリムゾン・キングの宮殿」(1969年)。プログレはもちろんですが、ハードロックやヘビメタが相手なら、この1枚ですべてひれ伏せられる、印籠のようなアルバムだと思っています。

宮殿
中身はまったく知らず、
帯に書かれた「『アビイ・ロード』をトップから引きずり降ろした」
というコピーに引かれて購入しました。


もう1枚がキース・ジャレットの「ザ・ケルン・コンサート」(1975年)。聴いた翌日に、「すごいよ。お前も聴いてみろよ」と、手紙で友人に伝えると、「何をいまさら。俺はもう擦り切れんばかりに聴いたよ」という返事をもらい、ちょっとがっかりしたのを覚えています。まあ、歴史的な名盤を、発売後2年もたって聴いたのですから、仕方ありません。

ケルンコンサート
収録されている4曲はすべて即興演奏。
でも、譜面にもなって売られています。
最初の1分でもいいから演奏できたらいいなあ。


先日は、そのキース・ジャレットが率いるスタンダーズ・トリオのコンサート(10月29日、オーチャード・ホール)でした。昨年の東京芸術劇場でのソロコンサートがとても良かったので、楽しみにしていましたが、今回は「まあまあ」。席がやや後ろのほうで、ステージから遠かったことが大きいような気がします。小ホールやライブハウスでやってくれないかなあ。って、3万円くらい取られるかな。週末は焼酎呑みながら、同じトリオのライブをDVDで観ました。とくにトリオの場合は、こっちのほうが良いかも。関でした。



がんばれ学生セーラー

スポーツ、芸術、食欲の秋。厳しい残暑もようやく終わり、過ごしやすい季節になってきました。

さて、ヨット部に在籍する関東近郊の大学生たちは、葉山町森戸海岸沖で熱い戦いを繰り広げています。
全国大会への「7つの切符」を巡り、「秋季関東インカレ」が行われているのです。
予選・本選と2段階で実施されるこの大会は、数年前からシード制がとられるようになり、春季の成績によってそれが決まります。
残念ながら、わが母校は春季の成績が奮わずに予選からの出場となりましたが、なんと、その予選で1位
強豪校の抜けた予選とはいえ、トップ通過は立派なもんです。
10/9~11日の本選には大いに期待させられます。

今年の全国大会は愛知県の蒲郡ヨットハーバーで行われます。
ここは太平洋に面した海面のため、強風が吹き荒れることで有名な場所。
強風の攻略ポイントは技術はもちろんですが、最後は「根性」がモノをいいます。
ぜひ、気合いを入れて、臨んでほしいものです。
今年はK大、W大が一歩抜けた感がありますが、レースは水ものです。
がんばれ学生セーラー!
プロフィール

きゅーびっくす

Author:きゅーびっくす
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。