スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さすが紫綬褒章

風間杜夫さんとチンチロリンをやって、しかも負かした。
まったくどうでもよいことですが、わたしのプチ自慢の一つです。

25年ほど前、新宿で友だちと2人で呑んでいた時、風間さんとスタッフらしき人3,4人が来店。そのうちの一人がわたしの友人と知り合いで、よかったらいっしょに呑みませんかということになりました。
そして、ほどなく丼とサイコロが出てきてチンチロリンがスタート。
最初は千円札が飛び交っていましたが、さすがにそれではまずいと、店の方がコースターを大量に持ってきて、1枚1000円でやり取りしました。
後になって、風間さんが芸能界きっての雀士ということを知りますが、そのときは、ひとり負け。最初から最後まで突っ張るだけ。ほとんど口を利かない風間さんでした。

さて、すこし前になりますが、その風間さんのひとり芝居を観てきました(11月3日、本多劇場)。
ひとり芝居というだけでたいへんだと思いますが、今回は5部作一挙上演で、上演時間は5時間半! 15分間の休憩を2回挟みますが、それ以外はたった独りでステージに立ち、主人公・牛山明を演じます。
その間、観客の視線を一身に浴び続けるわけですから、そのプレッシャーたるや、すさまじいはずです。
しかも、観客をまったく飽きさせない。
私を含め、ほとんどの観客は、このままあと5時間は観ていられると思ったはずです。

演技を終え、カーテンコールで現れた風間さんは、一言「意外に疲れませんね]。
すごい!
風間杜夫の5時間半のひとり芝居を観たよ。
プチ自慢の一つです。せきでした。

ひとり芝居
観客の多くは、わたしと同じで50歳以上。
つかへい時代からのファンもたくさんいるだろうなあ。
スポンサーサイト

二つの早慶戦

 10月31~11月3日に、愛知県蒲郡市・海陽ヨットハーバーで第75回全日本学生ヨット選手権が開催されました。残念ながらわが母校は出場の機会を逸しましたが、北は小樽商科大から南は鹿屋体育大まで、各地の予選を勝ち抜いた強豪が集結し、ヨットの技術を競い合いました。
waseda.jpg

 大会期間中には数々のドラマがありましたが、総合成績は早稲田大の三連覇、そして、準優勝は2年連続、慶應義塾大という結果に。最近の学生ヨット界は、早慶の独断場となっています。
KO.jpg

 一方偶然にも、インカレ最終日には、神宮球場で20年ぶりに満員札止めのスシ詰め状態で、「勝ったほうが優勝」という、天皇杯をかけた東京六大学野球リーグ・優勝決定戦の早慶戦が行われました。結果はご存知の通り、早稲田大の優勝でした。この結果、いかがなものでしょう。早慶の独断場はいつまで続くのか…。

東京にしがわ大学

先週末は、「東京にしがわ大学」という試みに参加してきました。
簡単に言えば「シブヤ大学」(渋谷を拠点に公開講座を開催している団体)の多摩地区版ですね。

まだ発足したばかりの「東京にしがわ大学」ですが、
記念すべき授業1本目は「まちと記憶の編集室」というテーマ。
参加者がペアを組み、立川の古い商店街の人々の話を聞き歩き、
戦前~戦後の立川市の変遷を辿る、というものでした。

tachikawa.jpg

聞き込みを行ったのは、ここシネマ通り商店街です。
実は、学生時代に1ヶ月だけこの辺のマンションを借りて住んでいた私。
“こんな寂れた商店街になぜ「シネマ」なんて洒落た名前が???”
とそのあいだずっと疑問に思っていましたが、
巡りめぐって、その謎を解明するチャンスがやってきました!

たばこやさん、時計やさん、お肉やさんetc...
昔からそこに住んでいらっしゃる人たちに聞き込みを行っていくうちに、
その昔、この通りには「立川シネマ」という映画館があったことが判明しました。
映画館のほかにも、キャバレーやダンスホールなどが点在し、
戦前は立川飛行場の兵隊や従業員、
戦後は進駐した米軍兵士たちでそれはそれは賑わっていた通りだったのだそうです。

大衆演劇を上演していた「立川大衆劇場」は、まだ形だけ残っているということで、
劇場を経営されていた方のご自宅をアポなし訪問。
事情を説明すると、ご主人のご好意で特別に劇場の中に入れてもらうことができました。

中の状態はもう悪くなっていましたが、
客席、桟敷席、メイク室、一座が寝泊りしていたお座敷なんかも見せてもらって、
「立川にこんなところがあったなんて!」と、とにかくびっくりしっぱなし。
話を聞くと、なんと2年前まで営業していたというから更に驚きです。
営業しているときに行っていれば。。。非常に悔やまれます。

商店街の人たちも、好意的にいろんなことを話してくれて、
何かしらの形で商店街の歴史を次につなげたい、と考えていらっしゃることが良く伝わってきました。

人に歴史あり、街にも歴史あり。ですね。
いまも昔も混沌とした街、立川なのでした。
プロフィール

きゅーびっくす

Author:きゅーびっくす
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。