スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

90ミニッツ

おめでとうございます
本年もcubixをよろしくお願いします

さて、いきなり昨年の話。12月11日はパルコ劇場で、三谷幸喜の作・演出の新作『90ミニッツ』。西村雅彦と近藤芳正の二人芝居です。映画『ステキな金縛り』の評判も良いし、とても楽しみにしていたのですが、今一つでした

わたしを含め、観客の大半は笑いを期待して(『笑いの大学』と同じキャストだし)劇場に来ているはずで、皆さん、箸が転んでも笑ってやるぞ、くらい“前がかり”だったと思います。しかし、30分たっても、その箸すら出ない…

それも当然です。何しろ、シリアスだったのです。ある宗教の信者が、交通事故に遭った子どもの輸血を、信仰を理由に拒否するという事件を下敷きにしています。昔、たけし主演でテレビドラマ化されたので、覚えている方も多いのではないでしょうか。

さすがに中盤くらいになると、観客はそうしたテーマに気づき、「もう半分終わったし、このまま進むんだろうなあ」と覚悟しますが、コメディを期待していたギャップから、最後まで立ち直れなませんでした

まあ、主演の二人が、「屁理屈」と「揚げ足取り」で相手をやり込めようとする点は、まさに三谷ワールドなのですが、テーマがテーマだけに、「くすくす」程度。笑っていいものやら、皆さん、とても控えめです。そんな、戸惑っている客席の様子まで含めて、ホール全体が“喜劇”なのでは、とさえ思いました。

次回に期待です
関でした。

90ミニッツ
というわけで、2011年のベストパフォーマンスは、
東京JAZZ」の上原ひろみ(9/4。東京国際フォーラム Aホール)。彼女はすごい!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きゅーびっくす

Author:きゅーびっくす
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。