スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西人と食べ放題

関西人は食べ放題がお好きなようで、実家(大阪)に帰って妹夫婦と外食する際、たいていその手の店に連れて行かれます。先日、帰省したときにも「ワン・カルビ」という焼肉食べ放題の店に母親と共に連れて行かれました。

食べ放題といえば、並べられている多種類の料理から自分の好きなものを皿に取って食べるバイキング形式をイメージしがちですが、この店は通常の焼肉店と同様に、着席して好きなメニューを注文するシステム。
これを「テーブル・オーダー・バイキング」といい、関西ではこのシステムを取り入れた店が結構あるようです。
大皿に大量の生肉が盛られているわけではなく、他の人が触れた肉を食べなくていいので、潔癖気味な人でも安心です。

食べ放題のコースは、87品から選べるコース2980円(税別)と56品から選べるコース2480円(税込)の2種類。87品コースに飲み放題980円(税別)をプラスすると、合計で4000円ちょい。客単価はけっして安くはありませんが、週末には1時間待ちは当たり前というくらい人気があります。
もともと食肉小売店が母体のため、食べ放題にしては若干肉質が良いのと、焼肉のほか、麺、飯、スープ、サラダ、デザートなど、メニューが豊富に揃っているのがその理由でしょうか。

↓メニューです
メニュー3

メニュー4

妹夫婦は食べ放題のツボを心得ているのか何なのか、次々にオーダーしていきます。
・生ビール ピッチャー2つ
・ねぎ塩タン 3人前
・上カルビ 3人前
・ワンカルビ(名物メニュー) 2人前
・上ロース 2人前
・焼きじゃぶカルビ 2人前
・骨付きカルビ 2人前
・熟成ハラミ 2人前
・ハラミステーキ
・チシャ菜 3つ
・季節のサラダ
・海の幸のサラダ
・海鮮チヂミ
・キムチ
・ナムルの盛りあわせ
あきらかに頼みすぎ。少しの待ち時間も我慢できない、せっかちな関西人らしい注文っぷりだなと感心しました。
そして肉の焼き方も、食べ方もせっかち。網いっぱいに肉を乗せ、「時間がもったいないから、早く食え! 飲め!」と急かされるので、いまいち味を楽しめません。

ひと通り食べ終わったら飲みタイムです。呑み助夫婦は、ビールに始まり、ハイボール、カクテル、焼酎、日本酒と、立て続けに飲んでべろべろです。そして締めは、冷麺にビビンバ、さらにデザート。たしかに、これだけ食べて飲んだら十分、元は取れたことでしょう。
母親がよく「妹たちと外食に行ったら疲れる」と言っていた理由が理解できました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きゅーびっくす

Author:きゅーびっくす
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。