FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱ「後ろ」より「前」がいい

買ってきたレコードに初めて針を落として、聞こえてきた最初の数小節に衝撃を受け、そのまま宝物になったアルバムが2枚あります。

1枚がキング・クリムゾンの「クリムゾン・キングの宮殿」(1969年)。プログレはもちろんですが、ハードロックやヘビメタが相手なら、この1枚ですべてひれ伏せられる、印籠のようなアルバムだと思っています。

宮殿
中身はまったく知らず、
帯に書かれた「『アビイ・ロード』をトップから引きずり降ろした」
というコピーに引かれて購入しました。


もう1枚がキース・ジャレットの「ザ・ケルン・コンサート」(1975年)。聴いた翌日に、「すごいよ。お前も聴いてみろよ」と、手紙で友人に伝えると、「何をいまさら。俺はもう擦り切れんばかりに聴いたよ」という返事をもらい、ちょっとがっかりしたのを覚えています。まあ、歴史的な名盤を、発売後2年もたって聴いたのですから、仕方ありません。

ケルンコンサート
収録されている4曲はすべて即興演奏。
でも、譜面にもなって売られています。
最初の1分でもいいから演奏できたらいいなあ。


先日は、そのキース・ジャレットが率いるスタンダーズ・トリオのコンサート(10月29日、オーチャード・ホール)でした。昨年の東京芸術劇場でのソロコンサートがとても良かったので、楽しみにしていましたが、今回は「まあまあ」。席がやや後ろのほうで、ステージから遠かったことが大きいような気がします。小ホールやライブハウスでやってくれないかなあ。って、3万円くらい取られるかな。週末は焼酎呑みながら、同じトリオのライブをDVDで観ました。とくにトリオの場合は、こっちのほうが良いかも。関でした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アネクドテンというスウェーデンのバンド、おすすめです。
もろクリムゾンです。
プロフィール

きゅーびっくす

Author:きゅーびっくす
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。