FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さすが紫綬褒章

風間杜夫さんとチンチロリンをやって、しかも負かした。
まったくどうでもよいことですが、わたしのプチ自慢の一つです。

25年ほど前、新宿で友だちと2人で呑んでいた時、風間さんとスタッフらしき人3,4人が来店。そのうちの一人がわたしの友人と知り合いで、よかったらいっしょに呑みませんかということになりました。
そして、ほどなく丼とサイコロが出てきてチンチロリンがスタート。
最初は千円札が飛び交っていましたが、さすがにそれではまずいと、店の方がコースターを大量に持ってきて、1枚1000円でやり取りしました。
後になって、風間さんが芸能界きっての雀士ということを知りますが、そのときは、ひとり負け。最初から最後まで突っ張るだけ。ほとんど口を利かない風間さんでした。

さて、すこし前になりますが、その風間さんのひとり芝居を観てきました(11月3日、本多劇場)。
ひとり芝居というだけでたいへんだと思いますが、今回は5部作一挙上演で、上演時間は5時間半! 15分間の休憩を2回挟みますが、それ以外はたった独りでステージに立ち、主人公・牛山明を演じます。
その間、観客の視線を一身に浴び続けるわけですから、そのプレッシャーたるや、すさまじいはずです。
しかも、観客をまったく飽きさせない。
私を含め、ほとんどの観客は、このままあと5時間は観ていられると思ったはずです。

演技を終え、カーテンコールで現れた風間さんは、一言「意外に疲れませんね]。
すごい!
風間杜夫の5時間半のひとり芝居を観たよ。
プチ自慢の一つです。せきでした。

ひとり芝居
観客の多くは、わたしと同じで50歳以上。
つかへい時代からのファンもたくさんいるだろうなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きゅーびっくす

Author:きゅーびっくす
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。