スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次こそ

昨年7月7日に亡くなったつかこうへいの代表作『熱海殺人事件』が初めて紀伊國屋ホールで上演されたのは1976年。その『熱海殺人事件』が先日(2月4日~14日)、同じ紀伊國屋ホール、そして当時の料金2,500円(!)で再演(演出は岡村俊一)されました。

毎年のように上演されるお芝居で、主人公も、時にゲイになったり、女性になって平壌からやってきたり、さらに捜査のために売春をやったりと、ストーリーはそのたびに大きく変わりますが、今回は30年前の脚本をベースにしています。

主役は、この10年くらい、つか芝居で重要な役を任されていた山崎銀之丞ヒロインはハセキョー「きっと、この人もつか芝居を継承していく大切な1人なんだろうなあ」と個人的に思っていた武田義晴が脇で2人を支えます。

「良かったよお」「ハケキョーがAKBを完コピしたんだよ」とは、かみさんと息子。そう。わたし、チケットは買ったものの、当日(2月12日)は担当記事の校了日で、行けなかったのです。残念!

つか芝居は、本人が演出してこそ、つか芝居だとは思うのですが、北区つかこうへい劇団の解散も決まり、「それに近い芝居」を観れるのは、ひょっとして今回が最後だったかもしれないのに…。

それにしても、最近はチケット買って、当日行けないことが多い。ついてない。
3月は必ず!せきでした。

熱海殺人事件
ハセキョウや山崎銀之丞はともかく、じみーな武田義晴(右下)はこれからどうするんだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きゅーびっくす

Author:きゅーびっくす
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。